葬儀の基礎知識  
葬儀のマナー

弔問のマナー

葬儀のマナー
近親者やご親戚のご不幸は、何をおいても駆けつけるのがマナーです。友人や知人なら、お付き合いの程度や都合のつく時間帯によって、 通夜と告別式の両方、あるいはいずれかに出席するようにします。 ●お通夜 近頃、お通夜に参列する方が増えているようです。遅くても読経の始まる前には到着し、受付ではまずあいさつ(黙礼で構いません)をし、香典を渡して記帳します。式場に入ったら先客に一礼し、喪主様やご遺族に手短にお悔やみを述べたうえで拝礼します。 ●葬儀・告別式 会場へは開式の少し前には到着するようにします。式場ひ着いたら受付で、一礼し香典を渡して記帳します。 着席……
詳細を見る

最低限知っておきたい喪主側マナー

葬儀のマナー
◆故人様の遺志を尊重する 主役(故人様)は何も出来ません。どんな葬儀になるのか、喪主様、ご遺族の気持ち次第です。人生の最後の儀式ですから、故人様が望んでいたと思われる、その方らしい葬儀になるよう努めましょう。 ◆服装は誰よりも格調高く 迎える側がお客様よりも格式高い服装をするのがマナーですから、 喪主様はお通夜の席から失礼のないような格好を心がけてください。 ◆お辞儀をされたら必ず答礼 挨拶は多くを語らなくても構いませんが、必ず静かに答礼します。ただし、喪主様が弔問客を出迎えたり見送ったりはしないものです。 ◆故人様と親しかった方への配慮 ……
詳細を見る

対応エリア施行実績佐賀県佐賀市、神埼市、みやき町、吉野ヶ里町、上峰町、鳥栖市、基山町、福岡県久留米市、小郡市、筑紫野市、八女市、太宰府市、大野城市、春日市